トップ

助産院と産婦人科

助産院の特徴とメリット

助産院では自由な出産スタイル

妊娠出産を考えたとき、病院で出産をするのか助産院で出産をするのかという選択は避けて通れないため、悩む人も多いのではないでしょうか?
しかし、助産院という言葉は聞いたことがあっても、助産院というのはどのような施設なのか、あまりピンとこない場合も多いと思います。

助産院とは助産師を責任者とした医療施設です。
助産師は医師ではありませんが、妊娠・分娩の専門技能を持った国家資格保持者で、医療行為はできませんが、妊婦健診や、自然分娩で安全にお産ができると予測される分娩を扱うことができます。

助産院で出産を希望する方におすすめの情報サイト。

助産院は、比較的小規模でアットホームな雰囲気の場所が多く、妊婦健診から分娩まで助産師が担当するため、助産師との距離が近く、信頼関係を築くことができ、妊婦も助産師を信頼して、リラックスした状態で分娩に臨むことができます。
また、出産後も、助産師が引き続きケアをしてくれるため、産後の悩みなども相談しやすい雰囲気も助産院を選ぶメリットとして挙げられるでしょう。

出産の方法も、病院であれば、分娩台に上がって出産というのが一般的ですが、助産院の場合は、出産のスタイルを自分で選択できるというメリットもあります。
家族に見守られながら、家庭的な雰囲気で出産することも可能だったり、体勢も自由に楽な体勢で出産できたり、自宅での出産や水中出産など、病院ではできない出産も選ぶことが可能という自由度があるのです。
大切な家族を迎える瞬間を、自分の望む方法で迎えることができるのは、助産院の最大のメリットと言っても過言ではないかもしれません。

また、一般的に病院よりも助産院のほうが費用が割安と言われています。
助産院でも施設によって金額には差があり一概には言えませんが、助産院の場合は産んだらすぐ帰るなどの選択も可能なため、その場合はもっと安く済ませることも可能となります。